ブルームバーグ第二次解雇事件が毎日、産経、赤旗、弁護士ドットコムで取り上げられました

 ブルームバーグ第二次解雇事件が毎日新聞、産経ニュース、しんぶん赤旗、弁護士ドットコムで取り上げられました。

米通信社解雇訴訟:元記者が勝訴 東京地裁

毎日新聞 – ‎2015年5月28日‎
米通信社ブルームバーグが、記者職以外への配転を断った東京支局の元記者の男性(53)を解雇したのは有効として、男性と雇用契約がないことの確認を求めた訴訟の判決で、東京地裁は28日、請求を棄却した。鷹野旭裁判官は「解雇に合理的な理由がなく、社会通念上相当 …

2度目の解雇も「無効」 元米通信社記者が勝訴

産経ニュース – ‎2015年5月28日‎
米通信社ブルームバーグと同社東京支局元記者の日本人男性(53)が、雇用関係にあるかを争った訴訟の判決で、東京地裁は28日、「解雇は不合理で無効だ」として雇用関係を認めた。 男性は以前の訴訟で勝ったが、ブルームバーグは記者職以外への復帰を提案、協議に応じ …

2度目の解雇も無効

しんぶん赤旗 – ‎2015年5月28日‎
経済・金融情報を配信する通信社ブルームバーグ(本社・ニューヨーク)の東京支局の男性記者(53)が2度にわたって解雇された裁判で28日、東京地裁(鷹野旭裁判官)は解雇を無効とし、賃金の遅延損害金167万円の支払いを命じる判決を出しました。 ブルームバーグは「月 …

「給料半減」「配置転換」をのまなかった記者の解雇は「無効」 ブルームバーグが敗訴

弁護士ドットコム – ‎2015年5月28日‎
給料を半分にして、記者職から倉庫管理業務に配置転換する――。そんな提示条件に応じなかった米通信社ブルームバーグの東京支局の日本人男性記者(53)が、「業務命令」を拒否したなどとして、会社から解雇を言い渡された。この解雇通告は有効か否かが争われた裁判の …