平和と民主主義を守る「銀座デモ」に参加

新聞通信合同ユニオンは、2016年3月25日に日本マスコミ文化情報労組会議(MIC)と中央区春闘共闘会議が共に呼びかけた「平和と民主主義を守る『銀座デモ』」に参加し、「戦争法・秘密法廃止! 憲法改悪反対! 表現の自由守れ! 最低賃金引き上げろ!」のスローガンのもと、労働組合としても民意を社会に訴えました。安倍政権による集団的自衛権の行使や平和憲法改悪案、放送と報道の自由を脅かす政治介入、残業代セロ制度など労働法制改悪、原発や関連技術の海外移転、沖縄の米軍基地過重負担はじめ沖縄の民意に連帯した辺野古基地新設などに反対の声をあげました。築地川銀座公園を起点にプランタン銀座から数寄屋橋前を通ってコリドー街に至るこの行進に参加した仲間は、他の産別を合わせて総勢約180人。私たちは、共闘および関連する団体の運動に参加することにより、連帯の輪を広げることにも努めています。